〈歯科専門診療はこちら〉横浜どうぶつ歯科

ヨーロッパ小動物歯科口腔外科認定医(GPCert)

歯科

ネット予約
こちら

045-374-3795電話

〒234-0054
横浜市港南区港南台5-20-3

受付時間
9:00~12:30/15:00~19:00
休診日
火曜、金曜午後

当院での麻酔について

動物たちの安全を最優先に

当院は麻酔(動物を寝かせる事)や鎮痛(動物に痛みを与えない)にも重きを置いています。
その子その子に合わせた麻酔法を行い、安全安心の麻酔処置を行っています。
よくやられがちな、一つの薬で麻酔から鎮痛までのすべてを行う危ない麻酔は行いません。また、ただ麻酔薬を投与するのではなく、動物の状況や手術内容などを吟味し、薬のさじ加減をしています。このさじ加減が麻酔においての最重要なものとなります。
当院では、数種類の薬を少しずつ使用して、最大限の効果を得る「バランス麻酔」と、動物に痛みが加わる前に鎮痛薬を投与する「先取り鎮痛」を実践しています。
また鎮痛薬も数種類を使い分けることで、鎮痛薬が切れる時間を無くし、動物が痛がるタイミングをなくしています。

当院の麻酔処置への活動と評価

動物たちは「あの病院の手術は痛くなかったよ」と飼い主様にお話しをしてくれません。
麻酔は手術において縁の下の力持ち的な存在で、飼い主様に当院の麻酔の良さや他院との比較も分かりにくいと思います。
当院は麻酔・疼痛管理に関して学会発表や論文投稿を積極的に行い、学会などで一定の評価も頂いております。また、月1回の麻酔専門医による実践とレクチャーによって麻酔技術を常に磨いております。麻酔専門医による麻酔を受け、手術を実施されたい方は、ぜひご相談ください。(別途、高度麻酔費用が発生します) 当院の勘違いではなく、一定の評価に裏付けられた自信を持って麻酔処置を行っていますので、ご質問やご不安なことがございましたら、いつでもお尋ねください。

 


当院のバランス麻酔・先取り鎮痛の流れ

  • 手術前(先取り鎮痛)

    ・モルヒネ
    ・フェンタニル
    ・レミフェンタニル
    ・プトルファノール
    ・ププレノルフィン
    ・NSAIDs
    ・トランキライザー

  • 麻酔導入

    ・プロポフォール
    ・アルファキサロン

  • 手術中

    吸入麻酔
    ・イソフルラン
    局所麻酔
    ・リドカイン
    ・レボブピバカイン

  • 手術後・覚醒

    鎮痛、鎮静、局所麻酔薬が効いているので動物たちは痛くありません。

最後に

麻酔費用に関して、当院は他院に比べ少し高めの設定かもしれません。
それは私たちスタッフが麻酔に対してものすごく気を遣い、数種類の薬や医療機器を使用して動物達に安全を提供しているからです。
麻酔処置に絶対安全はありません。
しかし、当院はスタッフ全体で絶対安全に少しでも近づけるように努力します。


※当院では月1-2回、麻酔専門医による麻酔を実施しております。麻酔処置が不安な方はぜひご相談ください。別途、高度麻酔料金(30,000円~)がかかります。

ページトップへ戻る